学生時代の同級生が31の若さで癌で亡くなっていました

学生時代の同級生が31の若さで癌で亡くなっていました。

同じ部活をやっていた仲間でした。

私はその人のことを名前を言われても思い出せませんでした。

なぜならどちかというと真面目に部活動をやっていなかったからです。

何癌だったのかも聞きそびれるくらい衝撃的でした。

ご家族はどんな気持ちになられたことでしょう。

私はというと結婚もせずに、のうのうと生きているんだなぁと思いました。

どれを教えてくれた同級生はお局のように気難しい女になっていました。

同級生っていつまでも同級生のような感覚でいたんですが、そんな感覚でいたのは私だけのようでした。

いい歳して成長がありませんね。

人生色んなことがあるものなんでしょうけども、この歳でも起こるものなんですね。

初めて妻と一緒に訪れた八丈島

小学生から大学生のときまで、毎年夏休みになると、私は母の故郷八丈島に遊びに行っていましたが、就職すると、冠婚葬祭のときだけしか行かなくなりました。 そんな私が、結婚後初めて妻を八丈島に連れて行きました。

まだ海水浴ができるほどの暑さが残る9月上旬に訪れると、島独特の島寿司と島焼酎で歓迎してくれ、親戚が営んでいる民宿に宿泊しました。

翌日、観光バスで「ぐるっ」と島を巡りました。 八丈島植物公園の檻の中に、大きさ50cmほどの鹿に似た“キョン”がたたずんでいました。 この“キョン”は、以前少年雑誌に連載されていた漫画に「八丈島のキョン!」という一発ギャグで登場して以来、島のアイドルになりました。

八丈富士が噴火したとき、海に流れた溶岩でできた溶岩台地の南原千畳敷から見えた海と八丈小島は、絵になるほどの絶景でした。

最終日、祖父母の墓参りを終え、帰路に着きました。

妻と訪れて以来訪問していない八丈島に、ぜひ母を連れて行きたいです。

手づくりカレーの辛いこと

私はカレーが好きで、結構な頻度で食べています。インド人の方ほどではないですが、かなり回数的には多く、1日3食ともカレーということも普通にあります。以前はカレー店に足を運び、好みの辛さのカレーを食べたりしていました。

またより多くのカレーを食べたい時は、時間制限つきでジャンボカレーを食べることもありました。そんなカレー好きの私ですが最近は、手づくりでカレーを作るようになりました。これには意味があり、カレーが二日酔い予防に良いと聞いたからです。

というのは、私は付き合いで飲むことがあり、二日酔いになると次の日の打ち合わせ等に影響がでると良くない為、簡単な二日酔い防止を探していたのです。カレーが良いということで、さっそく作っているのですが、いつも出来上がるのが激辛のカレーです。カレールーそのものは中辛ですが、私が次々に異国のスパイスを入れていくので、完成する頃には激辛カレーへと変化しているのです。今日も明日も辛いカレーで二日酔い防止い努めます。

気まぐれなウサギのお散歩

我が家には6歳になるミニウサギ(♂)がいます。普段はケージに入れているのですが、「たまには外の空気も吸わせてあげたい」と思い、休日にはリードをつけて散歩に出かけています。近所の公園に行くのですが、知らない子どもさんや大人の方が触りたがって近づいてくるので、ご近所さんとの交流にもなると楽しんでいます。と言っても、犬の散歩をしながら「ウサギさんにご挨拶したい」と言って近づいてきた女性が現れた時は、ドン引きしてしまいました。うちのウサギさんが噛まれたら大変です!!

そんなウサギさんですが、散歩中はこの上なく気まぐれなのが特徴です。犬みたいに辺りを駆け回ると思ったら、草を食んで一息。何が楽しいのか、ゴロンと地面に転がって一息。じっとうつ伏せになったまま、10分以上動かないことも珍しくありません。かと思ったら、突然立ち上がって走り出し、20歩もいかないうちに突然ピタリ。また草を食んだり、地面にうつ伏せになってじ~~っとしています。こんな気まぐれなウサギさんなので、散歩に同行した義父からは「人生ごきらくだね」と言って笑われてしまいました。

時代の流れで消えていくもの

大風邪をひいて、久しぶりにかかりつけのお医者さんに行った時のこと。

診察自体は滞りなく済み、「あぁ、風邪ですね」と予想通りの診断と、

お薬の処方箋をもらい、すぐそばの薬局へ向かいました。

薬局から通りを挟んだ向かいには、

随分前からゲームソフトを売っている店があり、

軽い病気の時など、ふらりと入ってゲームを眺め、

時には気になっていたソフトを購入するなどしていたのですが。

その日は高熱も出ており調子が悪いので、

「今日はゲーム屋さん寄らずに帰るしかないな……」

そんな風に思いながら薬局への道を歩いていたのですが……。

一瞬、「おや?」と思いました。

薬局の向かいにあるはずのゲームショップが、

コインパーキングに変わっていたのです。

しばし、呆然。

そういえば、最近行く先々でゲームショップが消えていることに気づきました。

一時は驚くほど沢山の店舗が競い合っていたのに……。

考えてみれば自分も、スマートフォンのゲームアプリを遊ぶことや、

Amazonなどのネットショップでソフトを購入するなどが多くなり、

実際の店舗に行って商品を手に取る頻度は少なくなっていたかも。

将来無くなってしまう職業……なんて話題もありますが、

身近なところでそんな一端が垣間見えた出来事でした。

引越しの手伝いはストレスが溜まります

仲の良い友達が引越す事になりました。

やはりこんな時は、友達として手伝わないとダメですよね。

ハッキリとした日時を知らせてくるという事は、手伝ってほしい…という意味もきっとこもっているはずです。

じゃなきゃ、引越しました…の事後報告のはがき連絡だけでいいですもんね。

と、いう事で、手伝いに行きました。

動きやすいジャージも持って、やる気満々で行ったんです。

今は、引越し業者が重い物もある程度定位置に配置してくれるし、力仕事はあまりなくて楽ですよね。

その後のキッチン用品や洋服、その他もろもろを段ボールから出すのが大変なだけで、でもこの作業も見られたくない物があるらしく、手を付け様とするとそれはいい…なんて言われてしまうから、思うように作業が出来ず、何をしていいのかわからなくなります。食器を並べても、気に食わないのか、ちょっと直されたりして、正直、私のストレスが溜まった引越しの手伝いでした。

娘から離婚の話をされたことについて

最近結婚した娘から電話がありました。話を聞いてみると、結婚相手の帰りが毎晩遅くて困っているとのことでした。仕事そのものというよりも付き合いの飲み会で遅くなるので、それが納得いかないということでした。

結婚相手にもう少し早く帰って来るようにお願いしたこともあるようなのですが、将来の昇進に支障があるからという理由で断られたという話でした。娘は仕事から帰って来た結婚相手と一緒に夕食をとるのを理想としていたので、理想とはあまりにもかけ離れた状態に我慢できないと話していました。

そして、この状態がこのまま続くのであれば、離婚したいというようなことも言っていました。娘の気持ちはよくわかるのですが、結婚したばかりということもあり、もう少し様子を見たらよいのではないかという話をしました。そういう話をしたものの、娘のことが心配で、電話を切ってからもそのことばかりで頭がいっぱいになってしまいました。

引き出しの奥にあったもの

何となくですが、心がモヤモヤしていました。心がモヤモヤしていると、生産性のある思考ができません。次々と心の中に、ネガティブな考えや、将来に対する漠然とした不安が噴き出てきます。ふと、今いる部屋の自分の周囲を見渡すと、散らかっていました。私の人生経験上、部屋が物で散らかれば、心が落ち着かないという、部屋と心の様子の相関を見い出していました。そこで、部屋の整理整頓をすることにしました。

整理の一環で、引き出しを開けました。引き出しの空きに余裕があれば、生活のなかでの、物の一時保管場所となり、部屋が散らかりにくくなるからです。引き出しの奥に手を伸ばすと、小学生の時の理科の教材があることに気づきました。

電気の学習で利用した、モーターや導線、光電池でした。それらで回路を作り、窓辺で光電池に太陽光発電させたところ、モーターが回りました。部屋の整理整頓や、懐かしいという思いで、心のモヤモヤ感が少し和らいだような気がしました。

東京のペットホテルの利用体験

旅行に出かける時にはペットホテルがとても重宝です。我が家は家族で毎年夏に、必ずハワイ旅行に出かけているのですがその間、以前は愛犬を自宅に留守番させておいて友人にご飯をあげて散歩してもらっていたことがあります。ですが、やはり10日近く毎日友人に自宅にきてもらって愛犬の世話をしてもらうのは、お土産をたっぷり持ち帰ったとしてもやはり気分的に申し訳ないという気持ちが強かったのです。それに友人がお世話にきてくれて愛犬と一緒に遊んでくれるのはせいぜい1時間から1時間半だけですから、それ以外はずっと愛犬一人ぼっちなわけです。

そこで東京都内のペットホテル 東京を探してみたら、結構良さそうなペットホテルがたくさんあるので一度利用してみても良いのではと思ったのです。自宅からもかなり近くお散歩コースのそばにあったこともあり、口コミ評価の良いペットホテルを利用することにしました。犬好きのスタッフたちに出迎えられ、とてもいい雰囲気でした。愛犬は最初は緊張していたようですが、たくさん撫でてもらって次第に機嫌が良くなりました。

何よりもペットホテルは、他の犬たちも滞在しているので賑やかな感じでひとりぼっちで寂しいということがないのはすごく安心できるポイントでした。しかも愛犬が宿泊するのは狭いケージではなくある程度広々とした個室のお部屋になっているので、のびのびと過ごせるのもプラスポイントになりました。10日間預かってもらい、愛犬も元気でしっかり待っていてくれました。次回からは短期の宿泊でも、このペットホテルにお願いしたいと思っています。

スニーカー好きが始めた古着の転売

私はスニーカーが大好きです。

欲しいものがあっても元々の価格が高かったり、プレミア価格になってしまう事が多く、妻から貰う一ヶ月のお小遣いだけでは、なかなか購入出来ません。

なので普段は古着屋に売っている中古スニーカーで満足していました。

しかし、新作のスニーカーも手に入れたい。

欲しいものは欲しいのです。

では仕事以外で資金調達をしようと思っても、仕事をしながら家族サービスも行い、副収入を得るのは難しい。

そこで目をつけたのが、古着のネット販売。

私は古着も好きなので、良く古着屋に出向き商品を漁っています。

しかし、私は身長が高く、ガタイも良い方なのでサイズの合う商品がなかなか見つからないのです。

一通り店内を見て行くのですが、気に入った商品、金額が安い商品があっても大体サイズが小さく着ることが出来ません。

古着屋には自身で着ることは出来ないですが、安くて良い商品が沢山売られています。

しかも古着屋に置かれている商品の殆どが、ネットでは販売されていません。(一部商品はネット販売されているところもあります)

古着は基本一点物ですので、その地域に住んでいる人以外、商品を見ることも叶いません。

では、ネットに出品されていない商品を仕入れてネットで売ってみようと古着の販売を始めてみました。

するとびっくり。

756円で仕入れた商品が、4000円になりました。

他にも324円で仕入れた商品が、2500円など、なかなかの金額で売れて行きます。

それを始めたことにより、お小遣いが増え、

今は新作のスニーカーも気兼ねなく購入出来ております。

仕入れる際に若い世代のファッションを少し知っておく必要がありますが、

今はInstagramなどで、すぐに情報収集が出来ますので、簡単に始めれると思います。

もしご興味があれば始めてみては如何でしょうか。