運動を始めてみようかと考える

年齢を重ねていくと、自分が思っていたよりもずっと体が動かなくなっていたりしますよね。

こないだなんて、ちょっとした段差を小学生のような気分でヒョイッと飛び降りたら、膝にビキッ!と電流が走ったみたいになっちゃいました。

気づかないうちにあちこちにガタがきているものなんですね~

子供のころは鉄棒やうんていがすごく得意だったんですけど、今はぶら下がるだけで精一杯です。

逆上がりなんて、お腹が痛くなるのでとてもできません。

跳び箱も大得意だったけれど、きっと今チャレンジしてみたら全然出来ないんだろうな~と思うと空しいですね。

普段はなるべく歩くようにはしているんですが、やっぱり運動不足なんでしょうね。

我が子がよく私が子供のころの話を聞きたがるんですが、スポーツ系の話は全く信じてないみたいです。

それもちょっぴり悔しいので、ヨガとかピラティスなんかでも始めてみようかな?なんて考えているところです。

実は、今までにもこういうブームが何度もきては引いていっているので、今回も思っているだけで終わってしまいそうな予感がしています。

育毛シャンプーを使って半年!トップにボリュームが出るようになりました

トップにボリュームがでなくなったので、育毛シャンプーを使うことにしました。育毛剤を使うのは抵抗があるけれど、育毛シャンプーなら使いやすいなと思ったので育毛シャンプーを買ってみたのです。

見た目は普通のシャンプーと変わりませんが、泡立ちが良くて汚れがしっかりと取れていることを実感して、やっぱり普通のシャンプーとは違うなとハッキリとわかりました。

頭を洗った後は頭皮がふっくらして潤っており、その後もずっと乾燥しないんです。育毛シャンプーを使って三ヶ月ぐらいで抜け毛の量が減り、フケもでなくなりました。とても嬉しいです。

育毛シャンプーを使って現在半年ぐらい経つのですが、頭皮環境がとても良くなったなと感じます。髪の毛を見てみると根元からハリを感じてふわりとボリュームがでるようになりました。髪が立ち上がるようになり薄毛が気にならなくなってきたのです。

先日会社の人から「最近若々しくなったね」と言われました。やはり頭にボリュームがあるか、ないかで見た目の年齢が違いますよね。以前の私だったら髪がペタリとしているせいで5歳ぐらいは老けて見られていたと思うんです。だから育毛シャンプーのおかげでトップにボリュームがでるようになり大変嬉しいです。

育毛シャンプーを使う前は本当に効果があるのだろうかと不安でしたが、使ってみて良かったです。抜け毛が増えだしてきたなと思ったらすぐに育毛シャンプーを使ったほうが良いと私は思います。

休みの日には家族でお出かけ

最近ネットニュースの記事で、夫婦が家事をまかなう割合みたいなことが話題になっていました。

世間的には良くて7:3、せいぜい8:2くらいで妻が家事を負担しているところが多いみたいですね。

しかも、共働きでもこの結果らしいんです。

家事だけならともかく、育児もこれだから大変ですよね。

我が家は家事は8:2くらいですが、週末の子供との遊びなんかは、完全に夫主導でやっています。

私はものすごく出不精で面倒くさがりやなので、放っておくとずっとゴロゴロ寝ていたいタイプなんです。

夫はお休みの日にゴロゴロしているなんてもったいない!お出かけしなきゃソンソン!というタイプなので、私も子供もそれに付き合わされています。

連休などは連日お出かけなので、疲れきってしまうことも多いです。

でも、無理やりにでも連れ出してもらわなければ、一生どこにも行かなそうな私なので、頑張って付き合うことにしています。

出かける前は面倒で面倒で憂鬱な気分だったりするんですが、行ったら行ったで結局楽しかったりするので良しとしましょう。

ただ、子供が大きくなったらとも友達付き合いを優先して、家族でお出かけなんて減ってしまうのかなーと思うとちょっと淋しいですね。

町工場をオススメする理由

一人でできる仕事は少数精鋭で働く町工場になります。

働いた経験がある方ならご存じの通り、職場には必ずと言っていいほど、嫌な人間が存在します。しかも人の上に立つ立場の人間がその器に達していないことも少なくないです。

もちろん全員ではないものの、他人はだいたい足を引っ張ってきます。したがって極力人と関わらずに済む仕事を選ぶことは、大いに有効な選択であると考えます。

そうした中で筆者のオススメが先に紹介した経験した製造職になります。単に該当する仕事であればOKという訳でもなく、やはり会社の従業員の数も少なければ少ないほどベストです。ただその分、小さな会社で嫌な人間がいる場合は嫌でも関わらないといけないリスクもあります。

製造の仕事は機械と向き合うことになるので、必然的に人と話す必要がありません。業務時間中、黙々と作業をしていても、仕事さえちゃんとしていれば真面目という評価を貰えます。

好きなお酒のこと。若いときは、ワインを格好よいとおもっていたが

若い頃、海外に旅行した。フランスでであった、日本人からの旅行客は、おみやげには、ボジョレーのワインを買うつもりだという。このときまで、わたしは、ワインにほとんど感心がなかった。お酒の種類を選ぶほどスノッブではなかったし、金銭的余裕もそれほどなかったから、最低でも、2000円くらいださないと、それなりのものが飲めないワインは、日常的に飲むお酒ではなかった。旅行したら、おみやげに、ボジョレーをかうといいとすすめられたときには、そうななのか、と思い、自分も真似をしたものだ。

それから、30年以上がたち、ボジョレーは、猫も杓子もしっているありふれたお酒となり、わざわざお土産でかってくるようなものではなくなったとおもう。街には、輸入もののワインを何種類もあつかうスーパーがあるし、コンビニでも、ワインくらいは、買えないこともない。

値段も、チリ産などがはいってきていることもあり、かなり休めでそれなりのものが手に入る。簡単にのめるようになったが、以前ほどの、特別感がなくなったのも事実。ワインをのむことがオシャレと思えるかといえば、そうとはいえないのが、現状ではないか。あまのじゃくのわたしが、いま、内心心からおいしいとおもっているの、焼酎のお湯割である。

駄菓子屋さんが消えた日

このあいだ、地元に唯一あった駄菓子屋さんが閉店してしまいました。

幼稚園や小学校の近くにあり、いつも子供たちでワイワイにぎやかなお店でした。

店主のオバチャンもそれほどご高齢というわけではなく、まだまだン十年と営業を続けるものだと思っていたので、地味にショックです。

なぜなのか閉店の理由を聞いてみたところ、息子たちもサラリーマンだしどうせ継ぐ人はいないし、もう体もくたびれてきちゃった、とのお話でした。

ほとんど儲けもなく、趣味でやっていたようなお店だったそうです。

それならば、閉店して子供たちと触れ合わなくなったら老け込んで生活に張り合いもなくなってしまうんじゃないかな?と思ってしまいました。

余計なお世話ですけどね。

近所の人たちは皆、親子二代で通いつめていた大人気のお店だったんですよ。

先日お店の跡地を通りかかったら、火が消えたような静けさに寂しさを覚えました。

でも、これも時代の流れで仕方ないことなんでしょうね。

我が家の子供たちや友人たちは、これからどこで遠足のオヤツを買えばいいの?と不安げな表情をしていました。

様々な経験値を積める、短期集中型バイト

アルバイトというと、真っ先に思い付くのは通年働く長期バイトなのではないでしょうか。

その反対に、短期バイトと呼ばれるアルバイトもあります。

これは読んで字のごとく、短い期間だけ働く形態のアルバイトのことです。

代表的なものは、年末年始の郵便局の年賀葉書関連のバイトがあります。

学生の方にも多く募集がかかるので、案内を見る機会も多いでしょう。

他にも、確定申告期の税務署のバイト、収穫期の農家からかかるバイト、イベント会場などでの警備バイト、特殊なところでは、大規模なお祭りの運営の手伝いなどがあります。

働く期間は繁忙期であるため、集中して作業にかからなければなりません。

その意味では、働き手には積極性が求められます。

しかし仮に人間関係を作るのが不得手であっても、期間限定のことと割りきって働くことができます。

ただし、募集をかける側はその期間中は確実に人手が欲しいため、期間途中で辞める可能性がある場合はよく考えて応募したほうが良いでしょう。

いずれにしても長期バイトとはひと味違った現場が多く、期間満了時の達成感も併せて良い経験値になるはずです。

筋肉トレーニングの一日

今日は近くのジムに行きトレーニングをしてきました!

久しぶり体を動かしたのでなかなかきつかったです。最初は軽いランニングから始めました。それだけで汗が出てきました(笑)

そして、ダンベルを持ちダンベルフライやダンベルベンチプレスなどを行いスクワットを何度かしたら動けなくなりました。ベンチプレスは重量ではなく回数をたくさん行いました。それだけでもきつかったのでそこで終わりにし、汗を拭いて、トレーニングの後には欠かせないプロテインを補給しました。

プロテインは、しっかりと牛乳で割って飲みます。プロテインはDNSかバルクスポーツがいいですね。とくに好きなのは抹茶風味のプロテインが一番ですね!筋肉をつけるには、トレーニングだけではなく、食事も大事になってくると思うので毎日の食事に気を使っています。

特に好きなのは鶏肉のささ身!脂身が少なく食べやすいので一番好きです。また、野菜もしっかりと食べバランスの良い食生活を心がけています。

これからも、週に3~4日トレーニングを継続していき健康でかっこいい体を作っていきたいと思います。

男の悩みは育毛剤と増大サプリの比較サイトを使うことで解決していく

もてない男というのは薄毛で抜け毛が多く、頭のてっぺんがはげてきてしまっている、そして下半身はというと、短小で包茎、そんな感じだと異性に人気が出ることは難しく、あまり異性に注目されることはないかもしれません。そして男性としてもそうしたコンプレックスを持っていることが異性に消極的になる要因ともなるので、余計にお付き合いをするような仲になることが難しいのです。

それで男としてできることはなんでもしてみて、改善をすることで自分に自信をつけるというのは大切です。その点ですぐにできることは頭皮の悩みであれば育毛剤を、下半身の悩みであれば増大サプリを購入して使ってみるということです。

それはネットを使えばすぐにできることであり、難しいことではありません。ただどちらの商品もそれなりの値段がすること、そして一度使用を始めると、ある程度の期間は続けることが関係してくるために、1回の購入で終わりというわけにはいきません。そうなるとやはり安易に商品を決めるわけにはいかず、より良いものを選ぶ必要があります。

その点で信頼できる育毛剤や増大サプリの比較サイトを活用することで、商品を比較しながら特徴を比べて、これならばというものを選ぶことができるかもしれません。比較サイトは、ランキング形式にして人気のあるものや売れ筋なものを中心に取り上げているので、その点では信頼性があり、効果の出やすいものを見つけるのに役立つに違いありません。

屋根の色をどうしようか悩んでいます

今、注文住宅で新築の家を建てる予定をしています。

そこで、注文住宅ということですべてを決めていかないといけません。

まだ内装などは決めていないのですが、これから屋根の色と壁の色を決めることになっています。

それほど、こういう色にしたいという希望が無いのですが、とにかく、長持ちする屋根と壁であればいいなと考えています。

黒い色だと、夏に暑いのかななどと考えますが、それは関係ないのかなとも、勝手に思っています。

壁の色も、一色ではなく、アクセントとして、もう一色使え、2色の色を組み合わせられるそうですが、特に、センスがあるわけではないので自分で決めると変な色になりそうなので、カタログでサンプルを見ながら、カタログに載っているものをそのまま使わせてもらうことになりそうです。

注文住宅ということで、外見にはとくにこだわりが無く、住みやすい間取りや、長持ちする家の構造などには興味がありますが、センスがないので、これからキッチンやお風呂などの色を決めることになるのですが、どうなることやらと心配してしまいます。

とくにこだわりは無いので、施工会社の方のおすすめしてもらったのをそのまま、選ばせてもらいたいです。