AVレシーバーを導入した

不意にサラウンド環境が欲しくなり、AVレシーバーというやつを購入してリビングに取り付けました。

レシーバーというのは所謂アンプであり、同時に様々な音の信号を受け取るレシーバーでもあるという事でこんな名前なんだそうです。

有線で入力されたテレビやパソコン、ゲームに再生機器の音はもちろんの事、ラジオやbluetoothの音も受信可能で、それらのソースがステレオやモノラルでも内部で演算してサラウンドの音として出力するという優れものです。

音場効果(エコーエフェクトの掛かり方)も様々に選択できるようです。

さてそんなAVレシーバーの導入によりサラウンドを堪能していますが、私の機種特有の事なのか何なのかいくつか不満点も出てきました。

人間と言うのは贅沢ですね。

一つはbluetoothで受信する音の遅延。

ノートやスマホの音を出力させる場合、仕方ないのかもしれませんがどうしても看過できないレベルで遅延があります。

ゲームや動画では使えませんね。

もう一つは、パソコンに電源が連動してくれない事です。

bluetoothには連動してONになってくれるのですが。

まあ、多少の不満がどうでもよくなるぐらい音が快適ですけどね。

寒さのせいで家計がキツくなる

今年は冬が特に寒いです。こんなに寒い冬は私の記憶だとあまりありません。雪が一気に積もってもすぐに溶けることが多いですが、いつまでたっても陰には雪が残っている状態です。朝の通勤の時には道が凍結していてはいけないので気をつけて歩くようになります。この前、道路沿いの蛇口から少しだけ水が出ていてその水が凍っていました。早めに気づいたので避けて歩きましたが、もしも気づいてなかったら踏んでこけていたかもしれません。雪道でこけると腕などを骨折する人もいるのでとても怖いです。

寒いので鍋が食べたくなりますが、あまりにも野菜が高すぎて鍋にするにも少し躊躇してしまうくらいです。こんなに野菜が高いのも珍しいです。確かに年末など一時期だけ高くなることはありますが、こんなに長期間野菜の値段が高いのは珍しいです。葉物はどうしても成長が天候に左右されやすいので仕方ないのかもしれませんが、野菜を買う時には予算を考えながら購入するようになります。寒さのせいで暖房をよく使うので電気代と野菜が高いための食費のアップは家計にはとても辛いです。