私と香織(娘)とパパとの休日

今日は、パパが久しぶりにお仕事が休みということもあって、家族3人で家でゆっくり過ごす予定だったが、天気もよく気温も丁度よかったので、パパの提案で、近くの「お城がある公園」へお弁当を作ってピクニックへ行ってきた。

久しぶりの家族全員でのお出かけに香織もパパも終始ニコニコしていた。公園へ着くなり早速2人は、虫を捕まえたり、ブランコや滑り台をして楽しそうに遊んでいた。香織も本当に色々な言葉を話すようになり、成長したうしろ姿を見るとなんだか、嬉しくて泣けてきた。

お弁当も「ママの料理本当に美味しいね!」といいながら食べてくれたのが本当に幸せだった。夕方になり遊び疲れた香織は帰りの自動車の中で寝ていた、その寝顔をみるのも幸せだった。

最近は、私もパパも子育てや仕事に追われる日々でイライラしていた。でも今日は、家族3人でゆっくりと過ごすことが出来て笑顔があふれた本当に貴重な一日だったと思う。

こういった貴重な一日の幸せをかみ締めながら、生きていくのは本当に大切なんだと実感した。これからは、極力イライラせずに家族に感謝しながら、今が人生で一番幸せな人生なんだと言い聞かせて生きていきたい。

サーフィンはやっぱり楽しいね

このあいだ久々に海を見た。

といってもただ見ただけ… ここは内海で普段は波などほとんどないはず、なのに綺麗に波が立っていた。

なんかザワザワと胸が高鳴る…

久しぶりにサーフィンしてぇなぁ…

翌日も休みだったので、夜中のうちに起床してポリタンクにお湯たっぷり注いで、車まで運んだ、が、重いなぁ(笑)

少し埃の被ったサーフボードのケースにクシャクシャのウェットスーツ、保温性に期待は出来ないがまだ使えそうだ。

明るくなる前には、良く行っていたサーフポイントに着きたい。

待って!とりあえずコンビニでコーヒーね(笑)

そして久々に某ポイントに到着!

結構空いている! 硬くなったウェットに袖を通し準備運動を入念に!

波は今の私には丁度良い小さめサイズ、見栄張ってコシ〜ハラかな?

とりあえず人の少ない所からパドリングで沖へ…

結構キツイ(笑)

きたきた!なんとかテイクオフ成功!

その後も周りの上手な方に気を使いながら、サーフィンを満喫しました。

久しぶりついでに良く通っていた、定食屋さんで早めの昼食。

やっぱり美味しい! 当時は大盛りばかり注文していたけど、もう当然普通盛りでね(笑)

帰ったら眠さを隠して家族サービスのスタート…

でも充実した1日になりました。

ヘアアクセにこだわってます

ヘアゴムやシュシュを集めるのが好きです。

季節によって素材を変えるのがこだわり。

春夏は花や貝なんかの飾りが付いていたり、透明感のある飾りの物。

秋冬はニット素材だったりファーなどの温かみのある物。

周りが気づいているかはわかりませんけど…私なりのこだわりなんです。

勿論、人のヘアアクセも気になります。次に買う時の参考にしたりも。

先日も、たまたま入ったお店で素敵なシュシュを見つけ…しかもセールになっていたので即買いしました。

最近そのシュシュが一番活躍しています。

それに、ヘアアクセって手首にはめていてもお洒落のポイントになって、良いんですよね。

ブレスレット代わりと言うか。いつでも髪を結べますし。

ラーメン屋なんかに行った時も、サッと結べて一石二鳥。

髪を結んで出かけない日も、一応一つは手首にはめて行きます。

ブレスレットみたいに金属じゃないから邪魔に感じないし。

そんなに値段も高くないから、ついつい集めてしまうんです。

毎朝、「今日は何を使おうかな」って考えるのが楽しみになっています。

今度の週末辺り、お気に入りの手作り雑貨屋さんへ行って、新作を見て来ようかな。

プロジェクターのレンタル市場について

ここ数年、エンターテインメントの市場において日本だけではなく、世界各国でもプロジェクションマッピングをはじめとしたプロジェクターを活用したソリューションが数々展開されています。記憶に新しいところで行けば、リオデジャネイロオリンピック、さらには日本で言えば、プロバスケットボール開幕に当たっての床面のプロジェクションマッピングなどがあたるのではないでしょうか。

しかし、よくよく考えてみるとこうしたイベントはあくまでもイベント、期間限定であり、常設のテーマパークなどとは異なる状況になっている故意とがお分かりいただけるかと思います。もちろん、常設であればプロジェクターそのものを購入し、ランプ交換も含めた保守費用も発生することになるのですが、ほとんどのパターンは常設ではないことの方がメインです。

ここで有力なビジネスモデルとしてあがってくるのがプロジェクターレンタルです。このビジネスモデルにおいてはイベントを行う施設が最終支払い主になるわけですが、イベント運絵会社、またはAVソリューションを企画する会社がプロジェクターレンタルを頼りにするわけです。もちろん、こうした会社には多くのSEがいますので取り扱いそのものには慣れていることはいうまでもありません。

プロジェクターの製造メーカーとしてもレンタル会社に販売をして、保守メンテは運用側にお任せするといったビジネスモデルのほうがて離れは良いかもしれません。しかし、過去からのビジネスモデルで保守運用まで、要するにランプ交換などの作業も含めて請け負ったほうが収支通いというコトはあるかも知れませんが。

とはいえ、結論、今の市場では常設の設備としてのプロジェクターの利用ではなく、コンテンポラリーな需要が非常に多くなっている以上はレンタル市場が活性化することも理解できるわけです。もちろん、製造メーカー以外にもいかにこの運用保守をこなすことがでくるスタッフが運営側に存在するか、そして教育することができるかが、ビジネスとして考えた場合には大きなポイントになります。これからもプロジェクターレンタルの市場はエンターテインメントとして大きくなっていくことが予測されます。

Tゾーンはテカるのに、頬はカサつくからスキンケアが大変

毎日毎日おこなっている洗顔。

洗顔後のスキンケアが、年を重ねるごとに大変になってきています。

中学のころは、とにかく肌がテカテカに光ってしまうのが悩みでした。

おでこや鼻の、いわゆるTゾーンって場所が特にひどいです。

こまめに皮脂をふき取っても、すぐにテカってしまいます。

ニキビも、たくさんできるのが悩みでした。

なんとか皮脂をおさえたくって、使い心地がサッパリする化粧水を愛用していました。

ですが、20歳をすぎてからTゾーンはテカつくのに、頬が乾燥するようになりました。

笑うと頬が引きつって、つっぱるような感じが気になります。

皮脂と乾燥。

どちらもケアしなくちゃいけないから、スキンケアに時間がかかるようになりました。

まずは、肌に水分をたっぷりと補充してあげるようにしています。

化粧水をたっぷりつけて、美容液、乳液の順番でつけています。

化粧水は、つければつけるほどいいと思っていたのですが、適量があるそうです。

それを知ってから、つけすぎには気を付けるようにしています。

Tゾーンの皮脂が気になるところには、収れん化粧水をつけるようにしています。

それで、肌がさっぱりとします。