2015年UGGブーツの新作

本格的な冬が到来するとUGGブーツの季節がやってきます。冬は寒くて苦手ですがUGGブーツは大好きなのでだから冬もまあ嫌いではないと言えますね。

UGGブーツは定番商品も勿論魅力的ですが、どんどん進化を続けていて2015年の新作もやはりチェックしておきたいところです。今年はペンドルトン、スター・ウォーズとのコラボ商品もあって、特にスターウォーズは私も好きな作品なので非常に興味が惹かれます。あとイチオシの商品はCLASSIC LUXE COLLECTIONで、従来のモノとは違う細身のデザインとサイドジッパーが特徴で非常に機能的な商品だということが出来ます。これは非常いシンプルな商品なのでどんな服装にも合わせやすいし丈自体はさほど長くはないので履きやすいし脱ぎやすいのでブーツのいい所取りでありながら、ブーツの不便な点はカバー出来ています。

天井裏の物音を調査する

天井裏から昨日の深夜、ゴトゴトと物音がした。

嫁が

「気味が悪いので見に行って。」

とお願するも、ネズミの仕業の一点張りで布団から出なかった。

心霊特番を思い出し、怖くなったというのが本当の理由であることは嫁には内緒である。

翌朝、正体を露わにせんとヘルメットにLEDの懐中電灯にハエ叩きの重装備で、

押し入れから天井裏によじ登った。

真っ暗でLEDの光の模様がまるで顔のように見えた瞬間、

下から嫁が

「スマホで動画撮ったら、白い服を着た女が映っているかもよ、アハハ。」

しゃれにならん冗談を言う鬼嫁。

一言言ってやろうと思ったが、震え声だとまた馬鹿にされるので無言を貫いた。

押し入れの入り口からは昨日の物音のした所が見えない。

天井を踏み抜かぬよう梁に上って移動する。

とても埃っぽく、マスクをすれば良かったと後悔する。

しかしヘルメットにマスクって過激派学生みたいだな。

と一人でにやけていた。

10分程探したが天井裏から下りた。

結局、何がいたのか分らず仕舞い、騒がしかったのはあの日の夜だけだった。

玄米を健康に美味しく食べる

玄米はポイントを守って選び、工夫して炊けば、健康にも良く美味しく食べられるお米です。

玄米は精米する前のお米なので農薬などは精米したお米と比べると残留してしまいます。そこで、選ぶ時のポイントは無農薬米です。無農薬で作られたお米なら残留農薬の心配がなく、玄米が持っている栄養やデドックス効果を存分に発揮できます。

玄米のヌカや胚芽にはビタミン、ミネラル、植物繊維が豊富に含まれていますので健康や美容、便秘の解消が期待できます。

玄米と聞くと白米よりも味が落ちると思われがちですが、ポイントを守って炊けば美味しく食べられます。

玄米は白米よりもプチプチとした噛みごたえがあります。普通に炊くと硬く感じてしまうので、玄米を研いだ後に白米よりも長く(夏場は2時間以上、寒い季節は6時間程)お水に浸水させます。浸水させたら炊飯器の玄米モードで炊けばふっくら美味しく食べられます。

訳あってひとりでは入りづらいお店

先日友人と遊びに行った際にとある洋服屋へ寄りました。

その服屋というのはチェーン店なので至る所にあるのですが、興味はあれども一度も入ったことはありませんでした。何故かと言うと、なんとなく恥ずかしいという思いがあったのです。そこで販売されている服というのはロリータまではいかないけれど、少しゴシックというかクラシカルというか、一般的な洋服とは少々異なったデザインのものが多いのです。端的に言うと可愛らしすぎるため、明らかにそんな服似合わないだろうという人間が興味本位でも入っていくのが恥ずかしかったのです。

しかし今回は友人が小物を買うために行きたいといったため、明確な目的があります。ついに念願の店内への潜入を果たすことに成功しました。商品を見てみてみるとどれも可愛らしく、自分では着られないけれど眼福だなと思いました。またのぞきに行けたら良いなと思っています。

私の最近変わった事で恋愛に関する事

私は、サイト等ではもう恋人は作らないつもりでしたが、最近、またまた、Facebookで紹介されたサイトで、本気にして良いのかどうかは、分からないけれど、恋人が出来そうです。メッセージのやり取りだけを見ると、もう私に落ちて居るようなのです。

まあこのままその気のようなら自分の恋人にしてしまおうと思って居ます。Facebook、から紹介されたサイトは、二つ有り、二つとも、メッセージ覧に、スリムで、なるべく若くて、美人で、優しければなを言い等ともう55歳の白髪の私が、書き込んだのに、反応は、2つとも良いのです。

ただ、1つは携帯払いで、良いので、今金の無い私にも、出来るので、1つだけにして居るのですが、メッセージは、二つとも携帯に来ています。まあいいか等と考えて居ますが、恋人以上、結婚はともなれば親の反対も有ると思うので、出来ないと思うのですが、私は、結婚を希望して居ますので、気に入ったら、結婚するつもりですが、以前、中国人との結婚で、三回も結婚して、分かれてしまった私としては、どうしても、今度は日本人でと考えているので、願ったり叶ったりと言った所です。このまま進めたいと思って居ます。

CDを売りに出かけました。某店で怒り爆発

今日は某店にCDとゲームソフトを売りに出かけました。

そんなに高く売れるわけはないし、1000円くらいになったらいいなと思いながら出かけました。

買い取り番号10番でお待ちくださいと言われたので、しばらくぶらぶら、新しいWiiUのソフト欲しいなとか思いながら歩いていました。

そしてしばらくしたら呼ばれたので、買い取りカウンターへ。

合計で200円になります。と言われて、ん?さすがに低すぎないか?と疑問に思いレシートを確認。

あれ?最新のアルバムで傷もなにもないのにランクCの50円で買い取られてる。

おかしいなあ、私CDの保管にはかなり気をつかうので、ランクCなんてつくはずがないんですよね。

正直ケースに擦り傷一つつけて売ったこともありません。

ここなんでランクCなんですか?と聞くと、傷があったのでと返答。

いやいや、ないですから。絶対にないです。確認してから売りましたもん。

ディスクですか?ケースですか?

ディスクですねー。

見せてもらっても?

いいですよ?

とのような会話の流れでディスクを確認。

私のディスクじゃなくないですか?と疑問に思いました。

確かに傷はついていましたけど。

あー、こういうお店なんだなと思い、それでもうOKにしました。

別に数百円くらいだしね。

ただそういうことをしているかもしれないと友達に言うと、そうそう異常に安いよねと共感してくれました。

しかし、彼女が言うのは、中古屋が10円で買い取るとか許せないとかいう許せないであって、私の言う違法行為だから許せないというのとはちょっと違ったようです。

最近は懸賞で商品を送らなかったりと嫌な世の中になりましたね!

買取価格の高い英語教材について

英語教材のうちでも、人気のある本は、買い取り価格が高いです。

中でも最も人気があるのは、「資格もの」です。

資格取得関係については、英語だけでなく他の種類の学習書でも古本が良く売れます。

それは、過去3年分の試験問題収録等の本の場合、古本の方が、より以前の過去問を手に入れる事ができるからです。

英語で人気のある資格本は、何と言っても「TOEIC」対策の参考書や問題集です。

これは絶対的に人気があります。

発売後1年程度で、美品であれば、かなり高値で買い取ってもらえると思います。

TOEICの中でも、文法や構文など、基礎固め形式の問題集と、実践形式の模試タイプの問題集があります。

基礎固め形式の問題集は、「TOEIC730点突破」シリーズの「単語編」「文法編」「長文読解編」のように同じレベルの各編が揃っているとより高値が付きます。

特に英語の資格関係は、近年、中高年の方も受験しており、受験年齢層が幅広くなっています。

その為、TOEICほか、TOEFLE、英検などの資格関係本は、高値で売れると思って良いでしょう。

また買い取ってもらう場合は先にどんなものを取り扱っているか?買い取ってもらえるか?を先にチェックしておきましょう。

リサイクルショップや古本屋などは二束三文になってしまう場合がほとんどですので、できる限り専門の業者にお願いした方がいいでしょう。

専門商社であればネットなどで検索してもでてくるし、買取できる英語教材の数々を一覧表にして掲載しているところもありますので有効活用してみて下さい。

ついついしてしまうゲームというもの

ゲームをまた最近し始めてしまい

少しなんだかなあーと思っています。

ゲームっていろいろ種類がありますが

私が好きなのはパズルゲームです。

テトリスとか、パネルでポンとか過去よくやってまして

ついついやってしまって時間が…ってことが多々ありました。

スマホを持ち始めて、そういう時間の無駄遣いはしないぞ!

と思ってたのですが、友達からお誘いがあって

ついついダウンロード&プレイ。

しかも、友達同士でライフを送りあったりできるんですよ!

そんなの相手からもくるし、こっちからも送っちゃうじゃないですか!!

そんなこんなでゲームライフの再開です。

あんまり家にいるときはしないように心がけてますが

寝転びながらテレビ見てて、用も無いのにスマホ触ってしまうと

ダメですよね~。

もうこうなっては抑制が効かないので

大人しく飽きる日を待とうと思います♪

私は離婚は悪ではないと思う

去年、私は離婚を経験した。つらいことも多かったし、大変だったが今思えば経験することで大きくなれた。何より今が楽しいと思えることが離婚を正当化できるものかもしれない。結婚後、すぐにお互いを干渉しなくなった。信頼関係が出来たといえば、聞こえがいいかもしれない。しかし、私は居心地が逆に悪くなった。相談する意味もなくなり、1人でごはんを食べる機会が増える。それでも、生活が成り立つ。結婚の意味を考えるようになる。1人で生きていけるんじゃないかなんて。こんな考えを起こすようになると、やっぱりすれ違いも増える。そして私は、離婚を決断する。

そうなってしまった時には、周りのことは考えなる。親のことや親戚のこと。どう報告しようなど、考えることもなく、ただ別れたいという一途な気持ちになった。しかし、離婚は簡単なものだ。お互いこんなにも気持ちが離れてるのに、慰謝料を払わないと別れられないのである。調停へと話は展開する結果になった。裁判所に自分が行くことになるとは。犯罪をしまわけではないのに。これはもう、自分の中で負けられないと思った。調停では、いろいろな話をする。どちらがいいだした事なのか、まるで事情聴取だ。そして何より話が進まない。調停はひと月に一度くらいの頻度で1時間しか行わないのである。私は、弁護士をお願いした。高くつくかもしれないが、慰謝料を抑えられるのなら弁護士に頼むべきなのではという結論で頼む事にした。ひと月に一度でも、平日にしか行わない調停に毎回時間を合わせるのも大変。このために有給が消えるのも嫌だ。ここから、調停のペースが上がる。やはり、餅は餅屋である。自分の希望を伝えるとともに妥協点も伝え、代理で出席してもらう。その二ヶ月後、弁護士が離婚成立しましたよと電話が入りホッとした。最初は離婚時の慰謝料に税金がかかるのかどうかも分からなかった。

結婚するという重さを、わかってはいたつもりだったが、離婚する事になって気がついた。離婚にかける時間は、とても長く感じる。でも、我慢して暮らす時間を短くしその後、自分らしく生きられるのなら離婚するべきだと思う。周りにたくさん迷惑をかけてしまった。これからは、迷惑かけた人たちへ少しでも喜んでもらえる行動をしていければ、周りも私もハッピーになれる。離婚は悪ではない。決断できないことこそ悪だと思う。

ペットショップめぐりをしました

今日は友達のペットショップめぐりに付き合いました。ちょっと珍しい小動物を飼ってるらしく、そのエサを安く売っているお店を探しているんだそうです。

残念ながらお目当てのエサは見つからず、友達は今までどおりネット通販で買うよと言っていました。

いくつかのペットショップを回りましたが、私も友達も動物が大好きなのでお店に入るたびに生体コーナーに寄っては犬猫や小動物を眺めてしまいました。

私は実家では犬を飼ってますが、一人暮らしで寂しいので自宅でも何か小動物を飼いたいなあといつも思います。でも、仕事で四日ほど家を空けることもあるので動物を飼うのは難しいかな。まさか出張先に小動物を連れて行くわけにも行かないですしね。

そんなふうに冷静に考えつつも、実際動く動物たちを見ていると、お迎えするならこの子がいいかなとか、どんな名前をつけようかななどと空想してしまいました。