食わず嫌いのミョウガを食べる

ご近所さんに庭の家庭菜園で採れたというミョウガと大葉をもらいました。

普段スーパーで見かけても買うことはなかったミョウガ・・・見た目も色も何となくグロテスク。子どもの頃は食卓に上っても食べず、大人になってからは食べる機会がなく・・・。

正直気が進まなかったのですがネットを見て薬味にすると良いとのことだったので刻んでそうめんと食べてみることにしました。

もらった大葉と一緒に刻んでそうめんの汁に入れて一口。あれ・・・おいしい。軽く衝撃を受けました。

いつも食べているそうめんよりずっとおいしく感じました。今まで食わず嫌いだったのですね。これからはスーパーでも時々買ってみたいと思います。

食わず嫌いって意外とあるものですね。馬刺しを初めて食べた時もそうでした。馬の肉・・・うーんちょっと嫌だなあと思ったのですが、食べてみたらすごくおいしくてびっくり。

これからも先入観に囚われず何でも一度は食べてみたいと思います。

マッチョなのに美脚なプロレスラーが羨ましい

男性で美脚な人ってずるいなと思うことがあります。いくらダイエットしても、なかなか美脚になりません。つま先立ちをしたり、脚の屈伸運動をしても、なかなか足首がキュッと引き締まらないのです。

なのに、胸はマッチョで筋肉モリモリなプロレスラーが美脚だったりします。何で足首だけあんなに細いのかと驚いてしまいます。そんな美脚なプロレスラーを見ると、羨ましくなります。

大抵の女優もモデルも、ほとんどの人が美脚です。自分もあんな風に足首が細くなれるようにしようと、色々な方法を試しました。中でもヒールを履くだけで足首が細くなったのが驚きます。脚が細くなったら、とても脚が長く見えます。

ミニスカートがとても似合うようになりましたし、彼氏にも褒められました。女性らしい脚になり、これをずっとキープしていこうと思っています。

今年こそは育ちますように!

ここ2~3年、家庭菜園にはまっています。はまっていると言ってもピーマンとキュウリばっかり育ててるんですけどね。

そのキュウリが、まともに育ったことがありません。2個出来たらいいほうで、どうやって育てたらいいのかがわかりません。

今年は、ご近所の方にキュウリの育て方を少し教えてもらいました。棒をしっかり立てて横にも棒をつけたほうがいいと教わりました。

それまでは、らせん状にビニール紐をつけていたんですが、それではダメだそうです。

今年は教えてもらった通りにしてみたので、キュウリが豊富に育ってくれれば、嬉しいなと思う今日この頃です。

他にもたくさん育ててみたいなと思うんですが、なかなか、どうしたらいいのかわかりません。

とりあえず、今年はキュウリとピーマンをしっかり育てたいなと思います。

毎日の水やりをしっかりしてあげないといけませんけどね。

姪への誕生日キッズコスメプレゼント

私の実弟には5歳の女の子がいます。私にとって初めての甥・姪となり、私も姪が可愛くて仕方なくて毎年姪の誕生日にはプレゼントを渡しています。去年などは女の子が好きなアニメのグッズなどをプレゼントしていましたが、弟に話を聞くと最近は「オシャレに目覚めた」との事。

そいえば私も幼稚園児の頃に母におもちゃのコスメセットを買ってもらった事を思い出しました。いつまでも赤ちゃんだと思っていた姪も、オシャレに目覚めて立派な女子です!今年の誕生日にはキッズコスメのセットをプレゼントする事にしました私が子供だった30年前のものと比べると、今のキッズコスメは口紅やチークなどはもちろんネイルなどもあり種類が豊富!しかもコスメの入っているボックスも可愛いのです!私が選んだのは4000円位のものにしました。来襲が姪の誕生日なので、今から姪が喜ぶ顔が楽しみです!

不妊治療なら名古屋市のさわだウィメンズクリニック

不妊治療を名古屋で考えている方は、さわだウィメンズクリニックを受診してみてください。

不妊の原因は、はっきりとわからない場合が多いですが、さわだウィメンズクリニックは検査が充実しています。

妊娠しにくい原因を見つけ出し、最適な治療を行ってくれるんですよ。

流産が多い女性の方にも安心して、妊娠に臨めるように指導してくれます。

妊娠しにくい原因があった場合は、出来るだけ自然妊娠が可能なように、治療をしてれます。

子宮内膜症、子宮筋腫合併不妊には手術が必要であれば、関連の病院で手術を進める場合もあります。

悪い箇所だけを治すことで、妊娠の可能性がアップします。

患者さんの評判がとてもいいのが特徴です。

スタッフさんがとても話しやすいので、小さな悩みも相談してみてくださいね。

男性不妊にも対応しているので、夫婦で相談に来られる方も増えています。

お風呂の縁を飾っただけの風呂

温泉成分にプラスして、日替わりで色々なハーブや薬湯が混ぜられているのです。

さて、本日は、そのお湯はイチゴのかき氷を思わせる色の赤い色です。

お風呂の縁に、赤いカーネーションの鉢植えが飾ってあったのです。

すると、従業員の女性が二人、近づいてきて、造花のカーネーションを湯の上に散らし始めたのです。

しかし、そのカーネーションは、お湯に浸かると、頭を逆さにして、沈んでしまうのでした。

物珍しさに使づいていくと、足の裏に何かの違和感を感じます。

その造花のカーネーションが沈んでいて、踏んでしまったのです。

従業員の女性達は、すまなそうに笑いながら、話しかけてきます。

「どうも、沈んでしまいますねぇ。すみません。」

と。

そして、考え直す為に、戻っていきましたが、湯船に流されたカーネーションは、そのままです。

それらを拾い上げながら、自分でも試してみましたが、どうも重いらしく浮く事はできずに、沈んでしまいます。

仕方なく、風呂の縁を飾るように置いておきました。

すると、しばらくして、その湯船を見てみると、再チャレンジしたみたいで、縁には、多くのカーネーションが飾ってあります。

花風呂にはなりませんでしたが、心遣いの感謝して、それに浸かってきました。

たまには、こういうお風呂もいいものです。