友人に負けずに婚活に励む

友人と仲が良く、絶対に結婚しない、するはずがないと思えたのに、いつの間にか彼女ができたと知ったときのショックはとても大きなものです。中高年で、どこまでも男同士で仲良くなっていきたかったのに、その輪から抜けて、女と楽しい時間を過ごしているのです。男というのは、なんだかんだいっても、女と一緒にいたいし、結婚することで安らぎや性的な必要を満たしたいという気持ちになるものです。料理を作ってくれる女性が欲しいと思うのは自然なことであり、男同士が一緒にいても、そうしたことになることはないのです。婚活は中高年でも十分できるし、今更感があったとしても諦めるべきではありません。50代でも60歳からでも婚活サイトを利用すれば、いとも簡単に異性を紹介してもらえるかもしれません。自分好みの女性を見つけて、幸せの第一歩を歩み出すことができます。

タクシードライバーになるのに必要なもの

最近、転職を考えています。
昔から運転が好きなので、乗り物系の仕事が良いなと思っています。
今は営業を行っているので、タクシードライバーなんて自分には合っているのかな?と思います。
でも、タクシードライバーになるためには、第二種自動車運転免許証が必要になりますよね。
簡単に取れる物でしょうか。
これがないとタクシードライバーにはなることができませんよね。
第二種の取得条件は第一種自動車運転免許証を取得してから3年以上経過していればいいようです。
そういう点では、条件はクリアしているので、取得できそうかなと思えます。
タクシー会社では取得するための費用などは負担してくれることが多いのだそうです。
つまり、面接などでは人柄などが大きく左右されるだけで、免許に関してはあればいいけど、なくても大丈夫ということでしょうか。
これなら免許を取得する費用面に関しても、問題はないように感じますね。
本気で転職してみようかな。
やるなら、今かもしれないと思っている今日この頃です。

不動産売却として別荘を

別荘などがある場合使っているのであれば問題はないのですがそうではない場合は不動産売却をしてしまうということも一つの手と考えておきましょう。なにしろ、どうしても持っているだけでもコストがかかるということになりますのでそういうことが嫌だというパターンもあるのは実に当然なことであると言えるでしょう。もちろん、それでもいつか活用するかもしれないから、ということでやる人もいるわけですから必ずしも不動産売却をすることが良いのかと言うとそうでもありませんのでその点だけは注意しておきましょう。大事になってくることはまず、どのくらいの金額で売れるのかということと今売った方が良いのかということです。これが大きく違うことになりますから注意しておいたほうがよいでしょう。大事になるのはそこになります。上手くよいところに売れるように情報を集めましょう。

高校の同窓生に刺激を受けました

先日、高校の時の同窓生が県会議員に立候補したので、駅前でやっている街頭演説を見に行ってきました。彼と私はそんなに親しかったわけではなく、軽くしゃべったことがある程度の間柄なので、気軽に声をかけるのもちょっと不自然に感じ、演説している彼の姿を遠目で静かに見守っていました。高校の時、彼は合唱部に所属し全国大会などにも出ていたので、結構目立った生徒でした。ですから、彼の立候補をインターネットの記事で知った時も、すぐに顔と名前が一致しました。彼は演説で、彼の父親が太陽光発電関連の会社を経営していることを話し、そこから、法人税の増税に対して、反対であるという意見を熱く語っていました。とても熱がこもった演説で、ついつい最後まで聞いてしまいました。結局、そのまま声もかけずにその場を去りましたが、増税のメリット、デメリットをはきはきと羅列する彼の声がいつまでも耳に残りました。

今日は散々な日でしたよ

今日は最悪の日でした。会社の上司にまじでむかついたんです。あの人はいつもこっちが忙しいときに限って説教をたれてくるんですよね。あなたが僕を解放してくれれば、こっちの仕事をはかどるってのに・・。僕の仕事が終わらなければ、上司が怒られるんだけど、それわかってるんですかね。そんな気持ちで仕事の後、タクシーに乗って例の飲み屋に行きました。タクシー乗務員が僕に優しい言葉をかけてくれて、なんかちょっと泣けてしまいました。ああ・・まじで転職したいです・・。だけどいまさら条件の良い会社になんて就職できませんよね・・。まあ、条件がよくなくてもいいですよね、あの上司の下で働くのはもうつらすぎます。実は昔からやりたいことはあって・・昔からトラック運転したかったんですよ、僕。トラックドライバーの無骨なかっこよさにずっとあこがれてます、実は。そんなことを考えながらタクシーの中でずっと考え込んでいました。

まずはプロフィールで選ばれる!

婚活出会いアプリやお見合いパーティで、必ず作成するプロフィール。正直、項目もたくさんあって、大変です。しかし、婚活サイトで出会い結婚した私は、このプロフィールはなかなか侮れないと思いました。

私は結婚相談所にも登録したことがありますが、このプロフィール作成の重要さを、まず説明されます。数ある異性の中から選ばれる、最初の条件となります。適当なプロフィールだと、結婚をあまり真剣に考えていないとか、適当な性格なのだな、と思われてしまいます。

逆に自分が、登録している異性の中から選ぶとき、ある程度の条件がないと絞り込めません。その手助けとしてプロフィールがあることに気づきます。例えば、私は高身長の男性がよかったので、最初から身長で絞り込みました。その絞り込みでもたくさんの男性が該当するので、その中で一人一人プロフィールを見ていきました。また、子供がほしいかも重要でした。
これらは、単純な必須条件ですが、プロフィールの内容や文体から、その人のタイプも垣間見れます。人柄や性格の片りんが見えます。これが、あまり意識していませんが、とても重要だと思います。少なからず、タイプの人柄・苦手な人柄はあるので、この部分をみることができます。

かといって、プロフィールに気負い過ぎても、自分らしくなければ意味がないと思います。自分と合う相手を探すのですから、プロフィールを事細かく書きすぎても、そこを気に入られてほしくはないわけです。自分らしいプロフィール作りが重要です。