お風呂の縁を飾っただけの風呂

温泉成分にプラスして、日替わりで色々なハーブや薬湯が混ぜられているのです。

さて、本日は、そのお湯はイチゴのかき氷を思わせる色の赤い色です。

お風呂の縁に、赤いカーネーションの鉢植えが飾ってあったのです。

すると、従業員の女性が二人、近づいてきて、造花のカーネーションを湯の上に散らし始めたのです。

しかし、そのカーネーションは、お湯に浸かると、頭を逆さにして、沈んでしまうのでした。

物珍しさに使づいていくと、足の裏に何かの違和感を感じます。

その造花のカーネーションが沈んでいて、踏んでしまったのです。

従業員の女性達は、すまなそうに笑いながら、話しかけてきます。

「どうも、沈んでしまいますねぇ。すみません。」

と。

そして、考え直す為に、戻っていきましたが、湯船に流されたカーネーションは、そのままです。

それらを拾い上げながら、自分でも試してみましたが、どうも重いらしく浮く事はできずに、沈んでしまいます。

仕方なく、風呂の縁を飾るように置いておきました。

すると、しばらくして、その湯船を見てみると、再チャレンジしたみたいで、縁には、多くのカーネーションが飾ってあります。

花風呂にはなりませんでしたが、心遣いの感謝して、それに浸かってきました。

たまには、こういうお風呂もいいものです。