諦めないでチャレンジしてみることが大事

仕事

長年、フリーターをやっている人が定職に就こうとすると、何かと不利になってしまう場合があります。
採用面接では間違いなく、フリーターをやっていた理由を聞かれるでしょう。

私は学校を卒業して、正社員の仕事を2か所経験した後、しばらく非正規雇用で働いていました。
たまたまその仕事に縁が合って働いていただけなのですが、周りの人の中には、私がフリーターだと言っている人もいました。

目的を持ってフリーターを続けている人もいるでしょうが、どんな仕事が無理ているか分からないので、とりあえずできる仕事をやっているという人も多いと思います。

フリーターでいろいろな仕事をやってみて、その中から自分に合った仕事が見つかるかもしれません。
しかし、実際は現状に流されてしまい、やりたいことが見つからずに、気が付いたらフリーター生活が長くなってしまうこともあります。

仕事を決める時、少しでも興味の持てることに関連した仕事を見つけていけば、そこからさらに具体的に何をやりたいのかが見えてくるかもしれません。

正社員になれないから、とりあえずフリーターで働いているというのであれば、正社員登用制度がある会社に就職してみるのも一つの方法だと思います。

好きな仕事に就けるのならば、正社員でなくても構わないという働き方も一つの選択です。
しかし、金銭的に安定した仕事に就きたいと考えるならば、やはり正社員を目指していく方が良いでしょう。

フリーターが長く続くと、正社員募集の仕事は敷居が高く見えてしまうことがあります。
そういう見えない壁を無くしていくためにも、フリーターの就職サイトを利用するのも良い方法だと思います。

いずれにしても、面接でフリーターでいる理由を聞かれると思うので、自分なりの答えをきちんと用意しておくことが必要です。

私が知っている人の中には、学生時代にアルバイトをしていた企業に、卒業後、そのまま正社員として就職した人がいました。
学生とフリーターでは立場が違いますが、アルバイトから正社員になる方法も十分あると思います。

学歴が足りない場合は難しいですが、資格取得などで正社員になれるならば、自分ができる方法でチャレンジしてみると良いでしょう。
問題は最初から諦めてしまっていることです。
正社員になるために、自分は何が足りないのかを見つけて、それを埋めていくことで、フリーターから正社員への道が開けていくのだと思います。

他にもフリーターや若者向けの就職エージェントを利用するという方法もあります。例えばDYM就職などが結構有名でDYM就職の評判もかなり良いものが多いです。自分ひとりではなかなか動き出せなくても、DYM就職のような就職や転職エージェントに登録することで比較的簡単に正社員の道が開けるかもしれません。