彼との出会いは何気ないチャットからでした

生活

10才以上年上の主人とはセックスレスになっていた当時、私はアラフォーでした。そんなとき、少しハマってしまった世界がSMでした。ハマったといっても、漫画やネットでその世界を垣間見る程度で十分でした。勿論、そのような話しは主人にはできません。でも、誰かと、同じ趣向をもつ誰かと話しをしたいという欲求が募り、ついにチャットで自分の願望を話してみようと決心しました。チャットは相手が見えないけれど、打たれる文字から伝わってくる人となりが結構よく分かるものでした。合わないなと思えば、チャットルームから出ればよいだけというお手軽さも気に入りました。何人かとチャットするうちに話しがはずむ人が出てきて、電話で話さない?とこちらから誘った相手は10才下の既婚のサラリーマンでした。実際に電話で話しても好印象でした。次に、写真交換をしました。期待以上に素敵な人でした。それから、話しはトントン拍子に進み、実際に会いました。駅で待ち合わせて、近くの店で軽くお酒を飲んで、カラオケ・・・それから手を繋いで、ホテルを探しましたが、その日は近くになくて、翌日の土曜日に改めて会いました。昼間からのホテルは初めての体験で刺激的でした。彼とは数年続き、私から突然会うのを止めました。まだ続けたかったけれど、彼を好きになっていく自分が怖くなりました。その後、彼から心配しているというメールを頂いたけれど、敢えて返信しませんでした。ときどき、元気かな?と今でも懐かしく想いますが、どちらも既婚者ですから、あるところでの決別も必要ですし、彼に飽きられて別れるよりも惜しまれて別れて、彼の心に、私と同じように、良い想い出として残っていてくれればいいなと思う今日この頃です。