介護ドライバーの道を選んだ父

お金

昨年から父が介護職からタクシー業界に転職。タクシードライバーとして第二の人生を歩んでいます。

介護の仕事は好きだったみたいなんですが、年齢的に体力面できつくなってしまったらしいんですよね。

で、若いころからの“運転好き”と“これまでの介護経験”が活かせる仕事として選んだのが、介護を必要とする人を病院やスーパーなどに送り迎えする介護ドライバーという道。

ときには、かなり遠出をすることもあるらしく、先日は3日がかりで他県への旅行に付き添ったとのこと。

そんな話を聞くと、…これでは介護の現場並にハードじゃないかと心配になってしまいますが、元来じっとしているのが苦手で人を喜ばせることが好きな父には…あっている仕事なのかなとも思います。

事実、転職してからの父はイキイキ! これまでやってきた介護の経験と趣味のドライブの両方が活かせて一石二鳥だなんていっているくらいなんで、まぁよかったなと。

とにかく健康にだけは気を付けて無理せず楽しく働いてほしいですね。