タクシードライバーの運転スタイル

生活

タクシードライバーは、お客を乗せると、すぐに行先を聞いて、どのルートを使ってそこまで行くかということを瞬時に頭の中でシミレーションして、その決めた道を進むことになります。もちろん渋滞や工事などで交通事情が思わしくないときには、別ルートを走る決定をすることもありますが、多くの場合、その時には、お客に理由を説明して、この道の選択したということを話すことをすることでしょう。タクシードライバーの多くはマナーが良く、わざと遠回りして、多くのお金を得ようとするのではなく、できるだけ早くお客を目的地まで運び、そして次のお客を探す、そうしたアグレッシブな走りをすることが多いです。運転が上手で、道を知り尽くしているタクシードライバーというのは、周囲を把握する目を持っており、それは長年の経験から培ってきたスキルの1つでもあります。