太陽光発電に関する政策について

太陽光発電は再生可能エネルギーのうち、最も身近なものです。温暖化対策を進めるために、二酸化炭素の排出量を削減するのには既存の火力発電から太陽光発電にシフトしていく必要があります。2012年の固定買い取り制度の導入を受けて新規事業者の参入が相次いだこともあり、民間への太陽光発電の普及は一気に進みました。しかし、そのことによる問題点も出てきています。

無計画な開発事業により山林を切り開いて太陽光パネルを設置したことによる自然災害の発生や、年々下落し続ける売電価格の問題などです。私も何度か太陽光発電事業者の営業に家に勧誘に来られたことがあります。彼らは売電によるメリット、初期投資が何年で回収できるかということは説明しますが、デメリットであったり、売電価格が下落している現状などは説明しないため、話半分で聞いて、お引き取り願っています。

このように、政策によって一気に物事を進める場合、将来をきちんと見据えたものにしないと、混乱を招くことになるといういい例ではないかと思います。