最近の「おせち料理」事情です

「おせち」は古くから伝わる日本人にとって大切な文化の一つですね。そろそろおせち料理を考える時期になりましたが、今年は野菜の値段が非常に高いので頭を悩ませている方は多いと思います。先日何がきっかけか忘れましたが「おせち」談議に花が咲きました。

いつ食べるのが本当かです、5人中4人は大晦日から食べます、つまり「正月三が日」はおせちを食べるそうで、私もその一人です。もう一人の方は大晦日は簡単に済ませ年が明けた「三が日」に食べると言いました。この方はサラリーマンじゃなく年末ギリギリまで仕事をするので奥さんもおせちを作る余裕が無いそうです。

後日調べてみたら、本来は大晦日の夜に食べる「歳迎え料理」とかかれていました。北海道や東北の一部の地域では大晦日から食べる風習が残っているそうですが、私の家では昔から年末から年始にかけて食べていたように思います。最近おせち料理のチラシが入って来ますが、値段は1~2万円が相場らしいです。3段重になると3万円もします。

私の家ではそんな高価のものは買えませんし、買うつもりもありません。さて今年は野菜も魚介類も例年に無く高いので、どのようにして腕を振るうかです。3品は料理好きの私が作るので料理本を時々開いています。