プロジェクターレンタルの選び方

会社やイベント、結婚式などその用途は多岐に渡るプロジェクターという存在ですが、常に使用するというものではないため常備していない場合もあるかと思います。しかし中には急に必要となってしまうこともあり、すぐに必要なのに予算が足りずに困ってしまうこともあるでしょう。

そのようなときの解決策としてプロジェクターレンタルを利用するという方法があります。プロジェクターレンタルは最短一日から利用することができる場合が多く、費用も安価なため必要な時にのみ借りることが可能となっています。

プロジェクターを選択する際には使用場所の規模や視聴人数を見て判断すると良いでしょう。プロジェクターの説明でよく目にするルーメンというものは明るさの単位で、数値が大きいほど明るいものとなっています。暗幕や遮光カーテンといったしっかりとした遮光設備が整っている場所でルーメンの数値が大きなものを使用するとより鮮明に映像を映し出すことが可能となるのです。

会場の広さによって必要な投影距離も変わってくるため、そのあたりも見ておく必要があります。投影方法にも一般的なフロント投影以外に、スクリーンの後ろから投影するリア投影というものもあるということを念頭に置いておくのも良いでしょう。

プロジェクターの価格も非常に幅広く、性能によって異なっています。どのようなシーンで使用し、どの程度の性能が必要となるのか把握したうえでどのプロジェクターをレンタルするか決定するのが良いかと思います。