無限ピーマンとナムルの違いがよくわからない

ネットで騒がれた頃からずっと、無限ピーマンという料理を作り続けています。ピーマンが苦手な子供でも夢中になって食べ続けるという、恐ろしく美味いレシピです。しかもガスの火を使わなくても調理できる手軽さが最大の魅力で、洗い物も少なくて済むし、食べたい時にすぐ作れるし、一体誰がこんな便利なものを考えたのだろうかと思ってしまいます。細く刻んだピーマンと中華スープの素、塩胡椒、ごま油、油を切ったシーチキンを混ぜたものを、レンジで3分温めれば良いというシンプルな調理方法なんです。

鰹節をたっぷりかけるとまた美味しいのですよ。病みつきになります。ただ、急に気付いてしまったことがあるんです。無限ピーマンの味付けは、ごま油と中華スープの素ですよね。その味付けはナムルと変わらないのではないかと思いました。というのも、ナムルは茹で野菜を水切りして、ごま油と塩を混ぜたもので和えれば完成します。中華スープの素を入れる場合もありますよね。ということは、無限ピーマンは千切りピーマンのナムルなのではないかと、単純に思ったんです。まあ、美味しすぎて無限に食べ続けられるから、無限ピーマンという名前だと聞いたので、それはその通りなのですが、なんだ、結局ナムルにハマってたのかと少しだけがっかりしたのも事実です。