ちょっとしたコレクションとなっています

これまで自宅の庭で様々な野菜を育ててきました。そして当然のことながら野菜は収穫後に花を咲かせます。その後しばらくすると枯れてしまうわけですが、そうなる前には種をつけます。そしてその種を毎回集めていました。収穫された種は白い紙コップに入れてラップで蓋をし、今でも保存されているのです。いつかまく機会が訪れるだろうと思って保存している種ですが、自分が怠け者の性格であることも影響してそのまま保管された状態となっています。

そして先日、それらの種がしまってある棚をふと開けると、たくさんの種類の種があることに驚かされました。バジル、ほうれん草、唐辛子などの野菜、そしてパパイヤなどのフルーツの種もあります。きれいに並べられている紙コップは実験室にあるサンプルのような雰囲気をかもし出しており、ちょっとかっこよくも見えます。いつかこれらの種をまき、以前のように庭でたくさんの野菜を育てる日が再び来てほしいと思っています。しかし自分はもう若くはありませんし、昔のような気力や体力が残っていません。そのため野菜を育てる日がいつになるのかはわからないのが正直なところです。