痛風の食事療法で尿酸値の上昇を防ぐ

足に耐えられないくらいの激痛が走るという痛風は、なるべくそうならないよう予防をしていかなければならないです。そのためには普段の食生活を改めて見直すことが大事で、そこから対策したいところです。

痛風とセットで考えるのは、尿酸値やプリン体についてです。健康診断で尿酸値が平均よりも高かったら、痛風予備軍になっているといえます。それを知ったら食生活を振り返り、なるべく改善しなければなりません。

まず、いうまでもないことですがビールを中心としたアルコール類は控えなければいけないです。もともとプリン体に関係なくお酒の飲み過ぎは体に毒ですので、ほどほどにしておくことが大切です。

また、痛風の食事療法と して覚えておきたいのは、うどんやそばです。うどんやそばはプリン体をあまり含んでいませんので安心です。ただ、毎食うどんやそばでは食事の満足感に欠け るでしょうから、とりあえず1食から置き換えてみるだけでもだいぶ違います。しかも、うどんやそばはトッピングを多くしなければ低カロリーですので、肥満 を防止する効果も期待できます。

また、野菜類はキャベツやトマトなどを積極的に料理へ組み込むと良いです。それらもプ リン体が少ないですし、何より栄養満点なのがメリットです。比較的安価でなおかつ調理しやすいですから使いやすいですし、サラダにはキャベツやトマトを用 いるのがオススメです。このように、痛風の食事療法をいろいろと考えていけば痛風対策になります。