消費者金融と銀行系カードローンの比較

「カードの返済期日が迫っているのにお金が無い」「公共料金を支払わないと電気がとめられてしまう」「結婚式で急な出費が必要になったけど手元にお金が無い」そういったようなお金のトラブルについては、ほとんどの人が大なり小なり経験してきていることだ思います。お金が必要であれば、どこからか借りてくるしかありません。知人や親など頼れる人が無い場合は必然的に金融機関から借りることになります。

金融機関でのキャッシングサービスには大きく2つあります。1つは銀行系カードローンといわれている銀行が提供しているキャッシングサービスです。もう一つは消費者金融の会社が提供しているキャッシングサービスです。一般的に銀行系のカードローンは、金利は低く設定されている場合が多いのですが、借りるまでに時間が数日から1週間程度かかってしまったり、審査基準が高いという問題があります。

一方消費者金融は金利は銀行系カードローンと比較すると高く設定されているものの、即日で融資が可能なサービスを提供していたりするので、本当にお金が困ったときのかけこみ寺として人気があります。消費者金融の口コミと評判を見ると消費者金融の審査基準が銀行系カードローンと比較して緩いのは一般的に企業姿勢の差であると考えられます。銀行系カードローンは「貸せる人に貸す」という企業姿勢です。そのため審査にも時間をかけて慎重に融資可能かどうかを判断します。一方消費者金融は「借りたい人に貸す」という企業姿勢です。リスクがあると会社が判断しても、条件付きでの融資を認めることも多いです。

ここに企業姿勢があらわれていると考えられます。そのほかにも消費者金融のサービスでは申し込む時に無担保で保証人が必要でない場合が多いです。銀行系カードローンでも一部では無担保、保証人不要をうたっているところもありますが、大概の会社は担保が必要であったり、保証人が必要な場合も多いのです。また大手の消費者金融であれば全国に無人契約機を数多く設置していますので、申し込み時や、申し込み後の借入時や返済時に利用しやすいということもあげられます。ただ、利便性が高いということは借りやすいということにもつながるので、使い方は各個人が計画的に使う必要性がもとめられます。