会計士などの資格の本を高く売るためには?

会計士などの資格の本は資格を取得すると使わなくなり、タンスの肥やしになることが多いです。

難度が高い資格になると、勉強量も増えて教材も莫大な数になります。

難しい資格で有名なのは会計士や税理士などですが相当な本の数だと思います。

本1冊も高いですよね。それがつかわずに放置している状態になっているのが勿体ないです。

しかし、教材でも古本屋さんで売れるのですが査定額は低いです。

年数がたっている教材は、法改正されているので使い勝手が悪いなどの問題があるので高く買い取ってもらえません。

このような年数によって内容が変わる本は5年前までのものが好ましいです。

最近では、ネット上での買取業者が増えています。

ネットでの買取査定は着払いで郵送するだけです。つまり荷造りして着払いで送るだけで高く買い取りしてもらえることができます。この場合も最低5年前の教材までですのでそれ以上は問い合わせて確認するといいかもしれません。

また買取のときに必要なものは身分証明書の提出です。これは古着、古本屋さんなどのリサイクルショップでは必ず求められるものです。これは古物商という取引上法律で決められているものです。ネット上で取引をする場合はコピーも一緒に送る必要があります。

ちなみにですが、会計士などの専門分野の教材については、会計士資格教材の買取を専門に取り扱っているところも存在します。どんなものでもそうですが、専門店の方が買い取り価格も高い場合が多いので、まず専門の業者があるかどうかを先に探すことをおすすめいたします。