ニュージーランド人デブの矛盾

ニュージーランドは肥満体国です。

世界で第3位にデブが多いと聞いたことがあります。

和食が日本無形文化遺産ということもあり、ニュージーランドでも和食の人気は高いです。

和食はヘルシーというイメージを持っているからか、天ぷらやからあげをガンガン食べます。日本では売っていないような、とんかつが入った斬新なお寿司なども人気です。

どう考えてもヘルシーではありません。

さらに低脂肪や低糖という言葉にも弱いニュージーランド人。

食後にデザートを食べるのがお約束なのですが、3段アイスクリームにキャラメルソースをかけて、さらにホイップクリームをのせた、デブにならざるおえないような品を前に、「これ、ロウファット(低脂肪)なのよ」と言いきります。

さらに食事の時にはダイエットコーラーを選び、低糖だから、と言い切ります。

日本人は何で太らないのか、不思議がられますが、どう考えても食生活でしょう。。。