消しゴムを千切るのって、そんなに面白い!?

小学生の子供が二人いるので、文房具が部屋にわんさかあります。

その鉛筆やマーカーに紛れて存在する、小さな消しゴムたち。

大事に使った結果、小さくなったものではありません。

明らかに鉛筆を突き刺してズタズタにしたもの。

爪を立てて千切ったものです。

「あのねえ、消しゴムだって買わなきゃ使えないのよ!」

「知ってるよ~」

知ってたら、消しゴムをいじめるのは止めたまえ!

「だってさあ~、消しゴムを千切るのって気持ちがいいんだよ。ブスって刺すのも面白いし」

「消しゴムは勉強に必要なものであって、遊び道具じゃないから!」

「まあね」

ひとしきり説教をして、二度とやらないと約束させたものの。

千切ったり、ブスッとしたいなんて、うちの子はストレスでも溜まってんのかしら?

もしかして、親がうるさすぎとか!?

それって、私?

誰かに八つ当たりするなら、消しゴムで済むほうがマシなのか・・・。

消しゴムひとつで子供の育て方にまで考えが及んでしまうなんて。

暇なのね、私。

パートでも始めようかな。