ユーブライドは女性に優しい婚活サイト

ユーブライドは国内最大の会員数を誇る婚活サイトです。これまでに95万人以上の人が利用し、ユーブライドを通して結婚に至るカップルは毎年500組以上になります。LINEが始めたサイトでしたが、2013年売却され、現在はミクシィが運営しています。大手企業の運営のサイトなのでユーブライド口コミも多く安心感があります。

婚活サイトの会員になるには、男性は有料、女性は無料というところもありますが、ユーブライドは男女ともに原則有料利用となっています。有料会員にはライトプランとスタンダードプランの2種類があり、どの機能も制限なく使えるのは、スタンダードプランです。本気で婚活しようと思ったら、男女を問わず、スタンダード会員になった方が何かと便利になっています。

無料登録でも、制限付きで利用できるので、自分のプロフィールを登録することもできますし、検索も自由に行えます。有料会員になる前に、どんな人が登録しているのかは一番気になるポイントなので、これは嬉しいシステムです。メッセージ機能は有料会員にならないと使えません、

ですが、女性の場合は、無料会員でも「気になる!」という機能が使えるようになっています。文字通り、気になる男性に、定型文のメッセージを送ることができるのです。お相手の男性がスタンダード会員だったら、女性の方は無料会員のままで、メッセージのやりとりをすることもできます。(ライト会員の場合は、無料会員とのメッセージのやりとりはできません。)婚活サイトは、どこも女性に優しい面があるようです。

また、検索をしてプロフィールを確認すると、足跡と呼ばれるものが付きます。お気に入り登録のように自分の記録としても残るし、相手にもわかってしまいます。スタンダード会員になっていると、足跡を残してくれた人に、自分の方からメッセージを送ることができます。

また、メッセージをくれた人がいるけれど、自分はあまり乗り気になれないプロフィールなのでお断りしたいという時には、直接メッセージを送らなくても、ユーブライドが代わりにお断りのメッセージを送ってくれる機能もあります。

口コミでの評判も高い婚活サイトですが、ユーブライド利用者のデメリットとしてよく聞くのが、写真掲載率が低いということです。この点については、特に男性側からの不満が高いようです。また、写真を掲載しても、自分が気になった人にだけ公開する、あるいは、相手も写真を掲載している場合には公開する、というように、公開に制限を付けることができます。これは、女性にとっては、安心できるシステムです。

試しに無料登録してみた、という女性は多いようですが、会員数は、圧倒的に男性の方が多いそう。トータルで見ると、やはり女性に有利な婚活サイトです。

相続放棄をすべきかどうかの判断

相続人の相続放棄をすべきかどうかを検討するケースの場合、相続が発生してから3ヶ月以内にするかしないかの判断を行なわなければいけないため、その判断を短期間に判断することが大変難しく思われます。

一般的に相続放棄をすべきケースは、相続する内容がプラスの財産よりもマイナス財産の方が多いと推測されるような場合が中心です。つまり、被相続人が借金が多いような場合には、プラスの財産よりもマイナスの財産の方が多くある可能性がありますので、相続放棄をした方が相続人にとって良いと判断されることになります。そのような場合には、相続放棄の判断をしたほうが相続人にとって他人の借金を引き継ぐという不利益を防げるということになります。

しかし、ほとんどの相続の場合、借金があるからといっても、プラスの財産よりも借金の金額の方が多いとは限りません。

まず、相続人となったらすぐに相続が予定されている内容がプラス財産よりもマイナス財産上回るかどうか診断するために財産調査をしっかりとする必要があります。しかし、調査をしても期限が3ヶ月という短期間のため、全ての相続内容が把握できるとはいえません。そのため、もしもマイナス財産がプラス財産よりも上回っているのかどうかをはっきりできる状況でないのであれば、プラスの相続財産の範囲でのみ、マイナス財産を引き継いで借金などのマイナス財産を返済するという、限定承認という方法を利用して相続をすることを検討すべきです。

その理由は、一度、相続放棄の手続きをしてしまったら後からになってマイナスの財産よりもプラスの財産の方が多いとわかったとしても、取り返すことが出来ないからです。

ただし、どうしても相続のことで遺族どうしで争いたくないとか、長い間行方不明であった被相続人の相続をする時などで内容が全く分らない財産などで相続放棄を希望する場合は、まず相続放棄申述書を作成し、家庭裁判所に相続放棄の申し立てをしてから、相続放棄をする旨を家庭裁判所に受理してもらい手続きする必要があります。

相続放棄の申述書を作成するためには、戸籍謄本や住民票、被相続人の死亡記載のある戸籍謄本などの必要書類を取り寄せて申請を行う必要があります。このように、まず相続放棄の申述書を提出して相続放棄の申し立てをし、家庭裁判所で受理されれば、相続放棄の手続きが完了したことになります。

健康維持には免疫力アップに良いことを意識することが大事

免疫に問題があると現れやすい症状には、ドライアイや肌荒れ、便秘があるといいます。自分自身を振り返ってみると、疲れているときや、強いストレスを感じているときに、確かにこれらの症状が出てきます。そしてこういう症状がしばらく続くと、決まって風邪を引いてしまいます。

免疫力を上げるには、食生活の改善、適度な運動、質の良い睡眠が必要だとよく言われます。

特に免疫力を上げるのに効果的な食べ物は、ヨーグルトだそうです。それに含まれる乳酸菌が腸内環境を整え、腸内に集まる免疫細胞を活性化する作用があるからです。食べるタイミングは朝がベストだということです。その後の昼食や夕食に摂る食物繊維などが朝に接種した乳酸菌の餌になり、免疫細胞がより活性化するからです。

運動が免疫力アップに良いのは、筋肉量が増えることで体温が上がり、免疫細胞が活性化するからです。一日に十五分程度の早歩きで十分効果があるということです。

質の良い睡眠というのは、副交感神経が優位になるような、リラックスした睡眠で、免疫細胞はそういうときに多く作られるということです。

病気にかかることなく、快適な毎日を送るためには、こういったことを意識することが大事たということです。

浮気調査を頼まれた大学生

これは父から聞いた話だ。

父が大学生だった昭和の終わり頃、ちまたの大学には「探偵」をサークル活動として行うことがあった。

広島の某大学の父もその影響を受けて自ら探偵クラブを立ち上げた。といっても本格的な依頼はなかなか来なくて、部室内で好き勝手やっていた。今でいう飲みサーみたいなものだ。

ただポツポツと仕事の依頼が来るようになった。

ここの家には住居人がいないのだがかつて誰が住んでいたのか調べてほしい、友達にサプライズしたいから一緒になって計画を立ててほしい、などだ。

まあざっくばらんになんでも屋のような地位を徐々に確立していったのだ。場合によっては依頼にお金が発生することもあり探偵クラブメンバーは父を中心に活気づくようになる。

そんな時のことだ。

30代半ばの女性からある依頼を受けた。

「この人が浮気しているかもしれない。お金はしっかり出すから証拠を掴んでほしい」と。

ドラマにでも出でくるような本格的な依頼に父ははじめ動揺したが、それでもやってみたい好奇心のほうが勝りその依頼を承諾した。

その彼氏さんの浮気の証拠を掴むまではすぐだった。

彼が勤めているという会社から彼をつけていったら、ある女と居酒屋へ入っていった。まだ浮気とは確定していないため、父とメンバーの女の子はカップルを装って同じ店に潜入した。

彼はお酒が進むと顔がとても赤くなり上機嫌になった。その相手の女性ともキスをするのは時間の問題で、案の定その後しばらくして二人はキスをした。店で写真を撮るわけにはいかないので、その場に依頼主の女性を呼び出した。時代が時代だから公衆電話からその旨を伝えて自宅で待機していた依頼主の女性に変装してから来るように伝えた。

彼女は30分後には到着し、父達とともにテーブル席に陣取り、じっくり彼の様子を見つめていた。

それから彼女は事実を把握して涙ぐみ、父はいたたまれなくなってハンカチを渡した。

その瞬間、彼女は父のことをに睨みこう言った。

「あいつに復讐したい。今度はそれをあなた達に依頼するわ。もう我慢ならない。」

なぜ復讐代行までしなければならないのかと父は困惑した。

落ち着いてください、僕たちはただの探偵クラブでそこまで踏み入ることはできません、すみません。父は相手を説き伏せるようにゆっくりと一語一語に力を込めた。

女性はただ強く父を睨んだ。

しわくちゃで、涙と鼻水でべちゃせちゃな顔で。

そんな女性の顔をこれまで見たことがなかった父にとっては、それはいまだに忘れられない顔だそうだ。

父はその経験が今でもしっかり活きる社会勉強になったと語る。

僕はそれをコーヒーを飲みながらで聞いていた。

最近の「おせち料理」事情です

「おせち」は古くから伝わる日本人にとって大切な文化の一つですね。そろそろおせち料理を考える時期になりましたが、今年は野菜の値段が非常に高いので頭を悩ませている方は多いと思います。先日何がきっかけか忘れましたが「おせち」談議に花が咲きました。

いつ食べるのが本当かです、5人中4人は大晦日から食べます、つまり「正月三が日」はおせちを食べるそうで、私もその一人です。もう一人の方は大晦日は簡単に済ませ年が明けた「三が日」に食べると言いました。この方はサラリーマンじゃなく年末ギリギリまで仕事をするので奥さんもおせちを作る余裕が無いそうです。

後日調べてみたら、本来は大晦日の夜に食べる「歳迎え料理」とかかれていました。北海道や東北の一部の地域では大晦日から食べる風習が残っているそうですが、私の家では昔から年末から年始にかけて食べていたように思います。最近おせち料理のチラシが入って来ますが、値段は1~2万円が相場らしいです。3段重になると3万円もします。

私の家ではそんな高価のものは買えませんし、買うつもりもありません。さて今年は野菜も魚介類も例年に無く高いので、どのようにして腕を振るうかです。3品は料理好きの私が作るので料理本を時々開いています。

出会い系サイトで旦那が不倫してからより円満になりました

旦那が出会い系サイトで不倫をしているのを知ったのはつい最近のことです。

そんなに夫婦の関係は悪くなく、むしろ夫婦生活も平均的な回数あるどこにでもいるような仲でした。

それなのに最初は不審感を感じたのですが、思い切って旦那に打ち明けてみたんですよね。

そしたら旦那は寂しかったらしく謝られてしまって以前よりも関係はよくなりました。

ただ、続いている女性とも関係性を捨てることも難しかったみたいで、今は私も交えて会うこともある不思議な感じになりました。

相手の女性も主婦なのですがお互いが合意のもとであればいいのではないかと思います。

もちろん相手の旦那さんも認めてくれている、という本当にありえないようなパターンです。

それでも私はたまに女性に対して嫉妬することもあるのですが、最初こそは不倫でも今はそれも蜜の味的なスパイスです。

単純でつまらなかった夫婦関係に火をつけてくれたも同然なのでそこは感謝しています。

人間、人生には限りがありますから、それなりにエンジョイしないと損、というのが旦那の考え方でした。

私に対しても優しくなってくれたし、独占欲さえも感じさせてくれたので、そもそもこの関係性は続けていきたいとさえ願ってしまいます。

どんなに素晴らしい人でも間違いはするものですが、私達夫婦の場合はそれが逆にプラスへと転じました。

もっとこれからもずっと一緒にいられると思うので、夫婦が公認の不倫というスタイルもありのだと学びました。

私と香織(娘)とパパとの休日

今日は、パパが久しぶりにお仕事が休みということもあって、家族3人で家でゆっくり過ごす予定だったが、天気もよく気温も丁度よかったので、パパの提案で、近くの「お城がある公園」へお弁当を作ってピクニックへ行ってきた。

久しぶりの家族全員でのお出かけに香織もパパも終始ニコニコしていた。公園へ着くなり早速2人は、虫を捕まえたり、ブランコや滑り台をして楽しそうに遊んでいた。香織も本当に色々な言葉を話すようになり、成長したうしろ姿を見るとなんだか、嬉しくて泣けてきた。

お弁当も「ママの料理本当に美味しいね!」といいながら食べてくれたのが本当に幸せだった。夕方になり遊び疲れた香織は帰りの自動車の中で寝ていた、その寝顔をみるのも幸せだった。

最近は、私もパパも子育てや仕事に追われる日々でイライラしていた。でも今日は、家族3人でゆっくりと過ごすことが出来て笑顔があふれた本当に貴重な一日だったと思う。

こういった貴重な一日の幸せをかみ締めながら、生きていくのは本当に大切なんだと実感した。これからは、極力イライラせずに家族に感謝しながら、今が人生で一番幸せな人生なんだと言い聞かせて生きていきたい。

サーフィンはやっぱり楽しいね

このあいだ久々に海を見た。

といってもただ見ただけ… ここは内海で普段は波などほとんどないはず、なのに綺麗に波が立っていた。

なんかザワザワと胸が高鳴る…

久しぶりにサーフィンしてぇなぁ…

翌日も休みだったので、夜中のうちに起床してポリタンクにお湯たっぷり注いで、車まで運んだ、が、重いなぁ(笑)

少し埃の被ったサーフボードのケースにクシャクシャのウェットスーツ、保温性に期待は出来ないがまだ使えそうだ。

明るくなる前には、良く行っていたサーフポイントに着きたい。

待って!とりあえずコンビニでコーヒーね(笑)

そして久々に某ポイントに到着!

結構空いている! 硬くなったウェットに袖を通し準備運動を入念に!

波は今の私には丁度良い小さめサイズ、見栄張ってコシ〜ハラかな?

とりあえず人の少ない所からパドリングで沖へ…

結構キツイ(笑)

きたきた!なんとかテイクオフ成功!

その後も周りの上手な方に気を使いながら、サーフィンを満喫しました。

久しぶりついでに良く通っていた、定食屋さんで早めの昼食。

やっぱり美味しい! 当時は大盛りばかり注文していたけど、もう当然普通盛りでね(笑)

帰ったら眠さを隠して家族サービスのスタート…

でも充実した1日になりました。

ヘアアクセにこだわってます

ヘアゴムやシュシュを集めるのが好きです。

季節によって素材を変えるのがこだわり。

春夏は花や貝なんかの飾りが付いていたり、透明感のある飾りの物。

秋冬はニット素材だったりファーなどの温かみのある物。

周りが気づいているかはわかりませんけど…私なりのこだわりなんです。

勿論、人のヘアアクセも気になります。次に買う時の参考にしたりも。

先日も、たまたま入ったお店で素敵なシュシュを見つけ…しかもセールになっていたので即買いしました。

最近そのシュシュが一番活躍しています。

それに、ヘアアクセって手首にはめていてもお洒落のポイントになって、良いんですよね。

ブレスレット代わりと言うか。いつでも髪を結べますし。

ラーメン屋なんかに行った時も、サッと結べて一石二鳥。

髪を結んで出かけない日も、一応一つは手首にはめて行きます。

ブレスレットみたいに金属じゃないから邪魔に感じないし。

そんなに値段も高くないから、ついつい集めてしまうんです。

毎朝、「今日は何を使おうかな」って考えるのが楽しみになっています。

今度の週末辺り、お気に入りの手作り雑貨屋さんへ行って、新作を見て来ようかな。

プロジェクターのレンタル市場について

ここ数年、エンターテインメントの市場において日本だけではなく、世界各国でもプロジェクションマッピングをはじめとしたプロジェクターを活用したソリューションが数々展開されています。記憶に新しいところで行けば、リオデジャネイロオリンピック、さらには日本で言えば、プロバスケットボール開幕に当たっての床面のプロジェクションマッピングなどがあたるのではないでしょうか。

しかし、よくよく考えてみるとこうしたイベントはあくまでもイベント、期間限定であり、常設のテーマパークなどとは異なる状況になっている故意とがお分かりいただけるかと思います。もちろん、常設であればプロジェクターそのものを購入し、ランプ交換も含めた保守費用も発生することになるのですが、ほとんどのパターンは常設ではないことの方がメインです。

ここで有力なビジネスモデルとしてあがってくるのがプロジェクターレンタルです。このビジネスモデルにおいてはイベントを行う施設が最終支払い主になるわけですが、イベント運絵会社、またはAVソリューションを企画する会社がプロジェクターレンタルを頼りにするわけです。もちろん、こうした会社には多くのSEがいますので取り扱いそのものには慣れていることはいうまでもありません。

プロジェクターの製造メーカーとしてもレンタル会社に販売をして、保守メンテは運用側にお任せするといったビジネスモデルのほうがて離れは良いかもしれません。しかし、過去からのビジネスモデルで保守運用まで、要するにランプ交換などの作業も含めて請け負ったほうが収支通いというコトはあるかも知れませんが。

とはいえ、結論、今の市場では常設の設備としてのプロジェクターの利用ではなく、コンテンポラリーな需要が非常に多くなっている以上はレンタル市場が活性化することも理解できるわけです。もちろん、製造メーカー以外にもいかにこの運用保守をこなすことがでくるスタッフが運営側に存在するか、そして教育することができるかが、ビジネスとして考えた場合には大きなポイントになります。これからもプロジェクターレンタルの市場はエンターテインメントとして大きくなっていくことが予測されます。